キャバクラの接客で1番大事なことはお客様にいい気分になってもらうこと!
もうちょっと砕けた言い方をするなら、「調子に乗ってもらえるのがベスト」ってことかな?
そのために必要なのは、「聞き上手に見せる会話テクニック」だよ❤️

1. 親近感を生み出すポイントは共感!


聞き上手が好かれる理由はとっても単純明快!
「お客様はみんな自分の話を聞いて欲しいから」なんです
だからキャバクラに来るお客さんのほとんどは、とにかく自分のことをいっぱい話してくれるんだよ。

そういうお客様と仲良くなって、もっと楽しくて気持ちよくなってもらうには、親近感を感じてもらうのが1番!
でも「初対面のお客様でもいきなり親近感って持ってもらえるの?」って疑問を感じちゃうよね。
だからこの記事では、その正体を教えちゃいます。

まず親近感ってゆうのは、自分と似た境遇の人とか趣味や考え方が近い人に対して「この人は自分と一緒なんだ」って思うことで感じるものなんです

端的に表現すると「共感」してもらえる人に親しげな気持ちを感じちゃうってこと。
そして最も重要なのは、本当に自分と似た人でなくても親しい気持ちを感じてもらえるってところです。

2. お客様が思わず嬉しくなっちゃう具体的なテクニック


実は共感って勘違いからも生まれるものだから、本当は全然気の合わない人同士でも、これから紹介するテクニックを使えば、簡単にお客様の気持ちを良くして、どんどん盛り上げることができちゃいます。
そのテクニックとは「話の内容を肯定する」ことなんです。

さっきも説明したみたいに、「自分と似てるな」って思ってもらうことが大事だから、お客様が話してくれる話題に同意して「おれと同じ感覚の子なんだな」と思ってもらえるように振る舞うのが効果的❤️

でも「こっちは肯定してるのにあんまり伝わってない気がする…」ってゆう子がいたら、オーバーリアクション気味に「そうなんだ〜わかる❤️」って身振り手振りを加えながらやってみるといいかも!
自分の共感はお客様に伝わってナンボです。

あとちょっと高度な技術なんだけど「要所を押さえたオウム返し」もかなり効果的です
やりすぎるとただ「人の話を適当に繰り返してるな…」と思われるだけなんだけど、お客様の感情が乗ってる言葉をピンポイントでオウム返しできれば、「自分に共感してもらえた」と感じさせることができちゃいます。

キャバクラに来るお客様は本当に色んな人がいます。

でもちょっと困るのがやたら無口なお客様(泣)
どんな話を振っても興味を示してくれなくて、テーブルにいる間中、どことなく気まずい感じになっちゃいます。

そんなときはこれから紹介するテクニックを使ってみてね!
気づいたら話が盛り上がっちゃって、いつのまにか仲良くなれちゃうかもしれないよ❤️

1. 共通の話題で攻めるのが近道


どんなに無口な人でも、キャバに来るからには「キャバ嬢と楽しく遊びたい」と思っているはず!
だからまずは共通の話題を探ることから始めましょう

例えば、最近起きた大きなニュースや時事ネタを使って探りを入れるのがオススメ
時事ネタなら内容的に当たり障りがないからヘタな地雷を踏みにくいし、どんな出来事に興味を持っている人なのかを見極めやすくなります。
うまく興味を引けた時は、お客様の方から「じゃあこんな話は知ってる?」ってゆう感じで話を振ってもらえるかも。

結局のところはお客様も、「キャバ嬢と遊びたいけどキャバクラってどんな話をするところなのかわからない…」って思ってしまって話せなくなってるだけのお客様も多いから、あまり緊張しすぎなくてもOK!
そうゆうお客さんは、それとなくキャバ嬢がリードしてあげて「キャバでは好きなこと話していいんだよ」って教えてあげれば、一気に会話が弾むことも多いです

お客様が遊び方の要領を掴めれば、さっきまで無口だったのに自分から色んな話をし出してくれます。
そうなったらこっちのもの!
とにかく気持ち良く話せるようにフォローしてあげてね❤️

でも、本当にただ無口なだけのお客様もいるから注意しましょう。

2. 会話のバリエーションを増やす努力とちょっとしたテクニックが必要!


こんな感じでお客様の興味を引き出すには、とにかく会話のバリエーションを増やすことが1番大事!
そのためにはある程度の努力が必要です。
「努力」ってゆうと嫌がる子も多いけど、結構大したことないことだからあんまり構えなくてOK!

例えばスマホとかテレビでやってるニュースを、ちょっとだけ覚えておくのはオススメです。
内容はほとんど知らなくても、「こんなニュース知ってる?」って会話のきっかけにすれば、「知ってる知ってる」みたいな感じで会話を繋げやすくなるよ⭐︎

こんな感じで少し会話が弾んできたら、「今度はお客様のこともっと知りたいな❤️」って感じで軽い内容の質問を投げかけてみてもいいかも!
とにかくまずは打ち解けることが大事だよ!

キャバ嬢としてお客様に気持ちよく飲んでもらうためには、とにかく会話が1番重要!
慣れてないとなかなか会話が続かなくて困っちゃうときもあるよね?

でも大丈夫!
これさえ引き出せば勝手にお客さんが楽しくなっちゃうような鉄板の話題があるんです❤️

1. お客様から引き出すべき会話 〜ポジティブ編〜


キャバクラに来るお客様の目的は、キャバ嬢と楽しく遊ぶためだから、結構自分の話を盛っちゃうところがあるんだよね。
それもこれも「おれスゲーだろ」ってゆう欲求を満たしたいからなんです。

だからお客様が自慢したい話をうまく引っ張り出せれば、テーブルについてる間中お客様が勝手に話し続けてくれちゃう❤️

例えば「おれは昔は結構ケンカ強かったんだ」なんてゆう自慢がしたいお客様なら「過去の武勇伝」をいっぱい語ってもらいましょう!
この手のお客さんは服装がちょっとオラついてることも多いんだけど、「本当は昔おとなしくしてた人」も結構いるみたい。
過去に果たせなかった「強い自分でいたかった願望」を、キャバクラにいる間だけでも実現したくて話しちゃうのかも。

あとは「仕事の自慢話」もかなり鉄板の話題!
この話題を語りたがる人も2種類いて、実際に仕事ができる人は「周囲からの自分への賞賛が足りない」と思ってることが多いです。
もう1種類の人は「本当はおれはもっとできるんだ!」ってゆう願望を誰かに「大丈夫だよ❤️あなたは本当は凄いもんね!」って認めてもらいたい気持ちが強いみたい。

2. お客様から引き出すべき会話 〜ネガティブ編〜


今度はちょっと変則的だけど、ネガティブ気味の話を引っ張り出すのも1つのテクニックかも!
毎日生活してると、自分でも知らないうちに結構ヘコんでることが多いです。
そんなヘコんでる自分を慰めて欲しがってるお客様は結構多いから、ポジティブな話題と同じように語り出すと止まらなくなっちゃいます。

例えば「毎日の愚痴話」を引っ張り出すのは結構効果的❤️
人間は「自分は本当に辛いんだ」ってことを共感してもらえるとすっごい嬉しくなっちゃって、どんどん相手に甘えたくなるものです

そこで甘えさせて依存させてあげれば、どんな人でもイチコロかも。
後は「過去の楽しかった思い出話」を引っ張り出すのも効果的!

今の生活や自分の立ち位置に不満を持ってる人は多いから、「輝いてた昔の自分」に浸らせてあげると喜んでくれます
ここで小技を効かせて、「今でも素敵だよ」って教えてあげるとテンション上がってくれる人も多いからオススメ。
ちょっと妄想じみてることもあるけど、その辺りはうまく流してあげようね❤️

  • 1